まったり自由人

日々気になったことなど投稿してます。

あひる

私のお気に入りの漫画

 

本や漫画はほとんど読まない私がこの漫画だけは

ずっと読み続けている。

 

それがあひるの空という漫画

 

あらすじ

九頭龍(くずりゅう)高校に入学した身長149cmの車谷空は、病気の母親に誓った「高校最初のバスケの大会で優勝」の実現のためにバスケットボール部に入ろうとする。

 

しかしバスケ部は花園百春・千秋兄弟を始めとする不良達の巣窟になっており、部活動などできる状況ではなかった。

 

だが、しつこく食い下がる空のバスケへの熱にかつてバスケをやっていた百春、千秋たちは心動かされていく。

 

私もバスケをやっていたので

この漫画には共感できることがよくあった。

 

スポーツ漫画などに必殺技など現実では

絶対不可能な技を使っている漫画などは

個人的にはあまり好きではなく

リアル感のあるものを好んでしまう。

 

あひるの空は非常にリアルだ。

 会場の雰囲気にのまれるとこや

上手くいかず葛藤するとこなどたくさんある。

 

この漫画を読むたびにバスケに対する

意識も変わってスキルや知識が身についたと思う。

 

バスケのやってる人でまだ読んだことのない人は

是非一度読んでもらいたい。

 

きっと共感できるところがあり、バスケ熱が上がるはずです。

 

バスケを知らない人でも

読んでみるとルールなんかも分かってきて

大人に成長していく主人公やその仲間たちを見て

なかなか気づけなかった考え方を学ぶことができ

楽しんでもらえると思います。

広告を非表示にする